のぼりの起源

のぼりの起源は平安時代

のぼりが綿々と利用続けられている理由

のぼりの起源

こちらのサイトhttp://www.ofek-service.com/などで紹介しているように、現在のぼりは広告としての役割が目立っているが、元々の役割とは異なることはご存知だろうか。

のぼりの起源は平安時代、武士たちが敵軍と自軍との判断をおこなう道具として使用が始まった。

幟は長辺の一方と上辺を竿にくくりつけているところにある。

戦いの場で使われていたものが商売の広告用として使われるようになったのは諸説あるが、大相撲や歌舞伎の芝居小屋の入口、神社の祭礼にも利用されるのが一般的。

一番見掛けるのは広告用としてお店の前に台座に固定されてはためいているところだろう。

どちらにしても日本の風景の一部としてのぼりが歴史のあるものであるのは明らかです。

さすがに神社の祭礼に使われるのぼりに色の入ったものは少ないが、大相撲や歌舞伎などの興行の場では昔から目立つ色を取り入れたのぼりが使われている。

そういうものにあやかったのだろうが、よほどの高級店でもなければ日本国中の店頭で使われている広告媒体と言える。

商売をする人が、効果もないものの費用を捻出するはずがないので、のぼりに宣伝効果があるのは明らかだが、その効果をきちんと数値化したとういう話を聞いた事がない。

のぼりは日本の文化だと言うように、今日もどこかではためいている。

目印として風はためくのぼりに平安時代からの歴史をしられることもなしに。

< お役だち情報サイト >
世界を覆う三日月の旗

Copyright (C) www.seo-optimization-firm.com. All Rights Reserved.

のぼりが綿々と利用続けられている理由